トークスクリプト作成に使える無料ツール

flowchart-tools

はじめに

オンライン商談で安定して成果をあげていくためには成功した商談をベースにしたトークスクリプトの作成とチーム内での共有が有効です。

流れ一本道の場合はテキストだけでも問題ありませんが、お客様の状況や反応によって話すべきことが変わる場合、フローチャートタイプのトークスクリプトを作る方も多いのではないでしょうか?

この記事ではフローチャート型のトークスクリプトを作成する際に便利な無料ツールを紹介します。

draw.ioはブラウザで利用できる無料の作図ツールです。フローチャートだけでなく、オフィスのレイアウト図やネットワーク図などを作成する際にも便利です。

作図に特化しているため、パワーポイントやGoogleスライドよりも作図用のプリセット画像等が豊富であり使いやすいツールです。

GoogleドライブやDropboxを用いたファイル共有にも対応しており、トークスクリプトをチームで共有する際にも便利に使うことができます。もちろんクラウドストレージなしで利用することもできます。

Libre Officeは無料で使えるオフィススイートで、Microsoft Officeと互換性のあるデスクトップアプリです。その中でもDrawは図形描画に特化したアプリ、Microsoft OfficeでいうVisioに相当します。

フローチャートを効率的に作成することができ、Microsoft Visioファイル等の読み込みも可能ですが、デスクトップアプリであるため、インストールが必要となります。

Miroは無料で使えるホワイトボードツールです。ブラウザから利用でき、複数人で同時編集しながら使うこともできます。フローチャートのテンプレートもあるため、チームで議論しながらフローチャートを作成するのに向いています。

最初からコンパクトにまとまったフローチャートを描こうとしても、スクリプトを書いてみると予想以上に長くなったり、追加の分岐が必要になったりということがあります。Miroはフローが長くなっても好きなだけ拡張して書いていくことができるため、初期案をまとめるのにとても便利なツールです。

 

FigJam (Figma)

FigJamはデザインツールFigmaに備わっている画像ホワイトボード型のコラボレーションツールです。無料のスタータープランで利用することができます。このツールもブラウザから気軽に使うことができます。

Miroと同様、チームで共同編集をしたり、広いキャンバスを使ってフローを手軽に拡張していくことができるのが便利なツールです。

終わりに

この記事では営業トークスクリプトをフローチャート型で作成する場合に使える無料ツールを紹介しました。

フローチャートで成約率の高い流れを確立した後は、顧客ごとに話す内容をカスタマイズすることで「この人に任せたい」と思われる営業を行うことができます。

効率的に営業トークのカスタマイズを行うために、弊社ではAI営業アシスタント「MeeFa Assistant」を提供しておりますので、ぜひご検討ください。

 

【必見】DellのPCやモニターをオトクに買いたい方へ

MeeFaはデルITエキスパートプログラムの認定企業です

デルの公式オンラインストアでご利用いただけるクーポン券を無料で発行できます。 ご希望の方は下記のリンクからお気軽にお申し込みください。

(※)100名未満の法人、または屋号をお持ちの個人事業主の方が対象です

おすすめShopifyアプリ

沢山の商品を取り扱うストアにオススメ!

ブログの読了時間を表示

ログイン後のリダイレクト先変更やSEO対策に

Copyright @2022 All Rights Reserved by MeeFa, Inc.